毒にも薬にもならないブログ 

サブカル大好き20代半ば女子が運営する猛烈雑食な雑記ブログです 映画・舞台・音楽・星野源

温泉嫌いの哀歌~エレジー~

こんにちは、プニ子です。

f:id:rsclmya:20160829195713j:image

突然ですが皆さん温泉は好きですか?

 

私は嫌いです。

 

どれくらい嫌いかと言うと痛いと私はブチャくなる位嫌いです。

家族で旅館に行っても温泉の雰囲気を察すると急病人を装い一人部屋風呂に入り、部屋風呂がないなら一晩お風呂を諦める。

そんなことを繰り返し続け、ついに最近では親も友達も恋人も私に温泉を求めることをとうに諦める様になってくれました。

 

「温泉嫌い」を口にすることによって非国民だと蔑まれてきたこと25年。ちなみに余談ですが、うどん、そうめん、お蕎麦、お刺身も苦手なので非国民レベルが高まり続ける私の人生。

 

 なぜここまで嫌いなのかというと、まず自分がプチ潔癖であることが一つ。

 

いつからこんなに「他人」が苦手になったのかわかりませんが、家族以外の他の人、特に不特定多数の顔の見えない人が触れたものが苦手。

図書館の本は除菌してからテーブルにティッシュをひいて読むし、レンタルビデオ屋は出た瞬間に手を除菌します。食べ物はもってのほかで「一口食べる?」と食べかけのクレープを友達に笑顔で渡されても嫌われるのを覚悟で断るレベルで苦手。

 

なんでと聞かれたら「他人だからじゃん」としか言えない。

そして問う。「貴様は恋人でもない他人の粘液を体内に受け入れられるのか」と。

 

中でも、一番苦手なのが水関係。

例えばですよ。

複数のおじいさんが体をつけた湯船のお湯をペットボトルに掬い取って、それをあなたのあそこにかけてくださいと言われたらかけますかって話ですよ。

かけたくないでしょう!!

「温泉に入る前は体洗うだろ」と言った人、うるせえやい!

貴様は他人の体の洗い方をそんなにも信用しているのか?!

私はこと女の人に関しては信用していません。まして子供はもっと信用してない。

温泉は循環してるしって言った人、うるせえ!浸かったあとシャワーで流すでしょって言った人、うるせえ!うるせえ!毛穴から!穴と言う穴から!体内にしみこむかもしれないじゃないの!そしたらもう手遅れなんじゃい!!

 

 

そしてもう一つの理由は、見ず知らずの他人に体を見せたくないから。

「誰もお前の体なんて見てない」「女同士なんだからいいじゃない」なんて言葉はもう聞き飽きました。知るかと。

 

「裸の付き合い」という言葉があります。

そして日本ではそれがまるで正義の様に唱えられていて、裸を見せない奴が逆に恥ずかしいみたいな目で見られる。

こんなの…こんなの絶対おかしいよ!

普段おへそを出してたり透けた服を着ていたらフシダラだ、恥を知れというくせに、「温泉」という場では老若男女がノーモーションで素っ裸になり脱がない私が恥ずかしい扱いされる。

むしろ私からしたら、更衣室で、洗い場で、あんなところやこんなところを丸出しにしている光景が恐ろしくて仕方ない。

そんなにあなたの「女」を見せないでほしい。

恥ずかしいものは恥ずかしいし見せなくていいものは見せたくない。

パンツを脱ぐのがそんなに偉いか!ちくしょーわけがわからないよ!

 

私は考えます。

きっと、一歩引いて他人とそこそこの距離を保ち自分の体を出し惜しむ私は例え非国民と呼ばれようが、日本の「恥じらいの心」を強くもった日本人らしい日本人なのだと。

お手洗いでは音姫を使うし。きっとそうなのだ。

スゴイーデスネ視察団よ、日本総本家よ、私を取材するがいい。

 

2020年にはTOKYOオリンピックが開催、数多くの外国人が日本を訪れるはずです。

私は日本人としての心を忘れず、恥を持ちすぎた大和撫子として外国人と接したいし、初めて日本を訪れた外国人に「裸になりなさい、それが付き合いってもんよ〜」なんて言って服を剥ぎ取ったりしないんだから。

 

 

さて、日頃の鬱憤も晴らせたのでそろそろパンツを履こうと思います。