毒にも薬にもならないブログ

25歳女。訳あって時間が出来た人です。 

『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』 感想メモ

f:id:rsclmya:20160905192956j:plain

グランド・イリュージョン 見破られたトリック』(原題:Now You See Me 2)観てきました。


『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』予告編

前作を観た時正直ラストの怒涛の種明かしに頭が「????」状態で漠然と「マジックショーのシーンはすごい興奮したなあ」という感想だったので、今回もストーリーにはあまり期待せずゴージャスなプロマジックショーを観に行く気持ちで臨みました。あとはダニエル・ラドクリフの出演を楽しみに。情報解禁時からこれは嬉しかった。

先に結論を言うと、1同様に「魅せる」映画として面白かったです。女性メンバーが変わった新生ホースメンのエンターテイナーぶりがやっぱり見どころで「いやいやありえんだろ」と思いつつわくわくして見られました。特にあるものを盗み出した後、4人で協力しながらボディーチェックを交わすシーンがあるのですが脳内は「あぶなぁぁぁい、あぶないあぶない!!」「うおっそんな手があったのか」「ってああああああそれはやばいそれはやばい」「ひゃあああああああぁぁあん!!」「お願いどうにかして!!!」「おおおおおおおぉぉおぉう!!!!!」と興奮しっぱなし。また予告にもあるジェシー・アイゼンバーグが雨を止めるシーンとか水たまりにバシャッと消えるシーンとかも分かっててもドキッとする。そういった華麗な映像を堪能したいと思えばぜひスクリーンで観てほしい作品だと思います。マーク・ラファロの謎のチャイニーズアクションも大画面で観れるしね!!

ただ全体としてはやっぱり突込みどころが多かったかな…メンバーもストーリーも前作をかなり、というかそのまんま引き継いでいるのである意味前作の補完的作品とも言えるかもしれないです。実際2を観てから1を観直したら、多少スッキリ出来ました。すんなり見られた。それもそれでどうかと思うけど。

このメンバーが、マジックパフォーマンスが、ダニエル・ラドクリフが好きだって人は観て損はないと思うぞ!

 

 

 以下ネタバレの感想(というかメモ)です。

 

 

 

 

モーガン・フリーマンとは

黒幕なのか黒幕じゃないのか黒幕じゃないと思わせといてやっぱり黒幕なのか。いるだけで、笑みを浮かべるだけで黒幕臭はんぱない。こんなん最後に「実はすべて私が」と登場しても何も驚かないわ。あと牢獄生活が充実してそうで何より。

 

*催眠術最強すぎ

もはやこれさえあれば何もいらないのでは。「滑り落ちている間に眠る催眠術をかけたのだよ」とかいうパワープレイすごい。

 

*チャイニーズばばあ、おいしすぎ

登場からすぐ分かるダダ漏れな「ああこの人英語ぺらぺらな戦える系のばばあだろ」オーラ。なぜあんなに謎の存在として力を持っていた「アイ」の中心がこのばばあなのか。脚本家がチャイニーズ映画の熱狂的ファンでかっこいいばばあを出したくて出したくて仕方なかったようにしか思えないぞ。劇中にあったようにマカオに世界最古のマジックショップが実在するならマジック映画としてリスペクトしたのかなと調べてみたものの、これと言って情報が見つからなかったどころか、マカオ観光局のHP(http://www.macaotourism.jp/rep/talkabout.php?pubid=17&page=2&news=2)に

劇中で「世界最古のマジックショップ」のモデルとなったマカオの「IONGS MAGIC SHOP」は、30年以上営業を続ける老舗。

 って書いてあるしもうわけわかにゃい。

 

*J・アイゼンバーグの髪型

坊主で悲しい。前作のちょっと女たらし風イメージはどこに行ったのだ。BvsSのレックス・ルーサー時の坊主は意味があるからいいけど今回の坊主はただつまらないキャラになってて悲しかった。目の保養を期待しておったのに。

 

*双子の存在

催眠術おじさん達。後半、ホースメン3人がゲリラショーをやっているのにメリットだけが単独行動をしてるし双子の弟は敵地で指示してるしで、これ絶対入れ替わってる!見破ったり!と思ってたら全く入れ替わってなかったので逆に騙されました。絶対あとでロッカーの中からパンツ一丁で拘束されてる弟が倒れ出てくるシーンがあると思ったんだけどなあ!

 

 *ダニエル・ラドクリフが楽しそう

魔法使いとして7年間学生生活を送っていた彼がマジックはマジックでも魔法と真逆のテクノロジー世界でブイブイしてる役だったのが面白いかったです。登場が中々なく待ちわびていたので後ろ姿がうつった瞬間テンションあがった~。ふわふわと動く様とか喋り方とか金持ちの小物感がよかった。

 

あまり世間の評価も良くないみたいだけどなんだかんだ私は「この映画はクソだ」とはいえず単純に好きです。魅せてくれる感じ、それが好き。実際もっと彼らがパフォーマンスしている様を観ていたいです。

 

以上、『グランドイリュージョン テムズ川の奇跡』感想でした。