『逃げ恥』6話感想 冬のキスは~雪のような口どけ~

『逃げ恥』がリアルタイムで見られません。

あのドキドキをリアルタイムで受け入れる勇気が足りないのです。

しかし昨夜はツイッターのTLが「逃げ恥」「ガッキ―」「星野源」「キス」で埋まるほどの騒がれっぷり。

あああぁ、何があったんだ、何があったんだ…

見るの怖い、見るの怖い…

 

星野源「こわがらなくていい。」

 

私「えっ…。」

 

星野源「こっち…おいでよ」

 

f:id:rsclmya:20161116192347p:plain

星野源「…ね?」

 

私「あ、はい」

 

 

 

 

見ました。

「温泉一泊旅行にまつわるエトセトラ」。

 

なんですかこれは。

 

なんですかこれは?!(憤怒)

 

付き合っていない男女が社員旅行という名の温泉旅行に行ってハプニングでこけてうっかり身体が重なっちゃってドキドキしながらベッドインとか。さ。エッチなもの(マムシ)を隠そうとアタフタしたり。さ。キスしたり、さ。

何の少女漫画、いや少年漫画かと思いましたわ。

良い大人が何しちゃってるんだ。

35歳の温泉サービスシーンなんざ、聞いてないんだよ。

ありがとな!!!!!!!!!(憤怒)

 

f:id:rsclmya:20161116213436j:image

ああああああぁぁっぁぁぁぁっぁぁぁぁ。

 

 

10分くらいお茶飲んできて少し落ち着きました。

なんていうか、『逃げ恥』は台詞が絶妙ですよね。

思わず「んふ」ってなるような作りになっていて、視聴中の緊張で逃げ出したい気持ちを引きとめてくれます。

マムシの件は笑った。

 

平匡  中に虫がいます!

みくり 大きい?

平匡  かなり深刻な虫なので見ない方が

みくり 仲居さん呼びましょう

平匡  いやそんな大ごとでは!

みくり 虫なんですよね?

平匡  ま…むしです

 

ちなみにマムシドリンクファインプレーをしてくれた仲居さんは大人計画で源君の先輩の宍戸美和公さんでしたね。ハマりすぎ。

f:id:rsclmya:20161116201357j:plain

あとみくりの元カレがすごかった、なんだあの気持ち悪さは(褒め言葉)

 

しかし6話目でキスをしてしまって、んでもって予告見たら恋人になるまでまだうじうじ長そうだし、これからどうなってまうんだ。私の精神力は持つのだろうか。

『逃げ恥』が絶好調過ぎて、制作側がガッキ―ファンと星野源ファンを殺そう殺そうとしているのがありありと分かるので、そしてその攻撃力の高さにこちらとしてはもはや太刀打ちできないのでただただつらいです。

公式が使っている「ムズきゅん」という言葉があんまり好きじゃないんですが、このペースだとワンクール終わった後に生きているか自信無い。

ありがとうTBS。

望むべき死だよ。

 

はあ。私もメルティキッスになりたい。

 

 

*関連記事*

rscl.hateblo.jp

rscl.hateblo.jp

rscl.hateblo.jp