まもなく!東京コミコン2016に向け準備したことまとめ

来たる12月2日(金)〜4日(日)の3日間開催されるイベントといえば、そう!

東京コミックこんべんしょん!

私はアメコミオタクの彼と共に2日目に参加いたします!

ですが今回が初開催となる東京コミコン、当日の様子が分からなすぎる…!

一体どんな雰囲気なんだ、何を用意したらいいんだ…と分からない事ばかりの中、自分なりに模索していることをまとめてみました。

 

 

 東京コミコンとは

f:id:rsclmya:20161130011853p:plain

12月2日(金)〜4日(日)の3日間、幕張メッセで開催される「日本に初上陸する世界最大級のポップカルチャーイベント」のこと。

元は1970年代アメリカで生まれたコミックや映画、ゲームの大祭典、コミコン。

今や台湾、イギリス、フランスなど世界に広がりその規模を広げており、今回東京で初開催となりました。

アメコミヒーローやスターウォーズなどのコスプレをした外国人が集まったり、新作映画の発表がありオタク達が歓喜の雄叫びをあげている様子を映画やドラマで見て知った方も多いかと思います。私はコミコンといえば『TED2』のイメージw

ちなみに東京コミコン2016の親善大使は『仮面ライダードライブ』の竹内涼真さんらしいです。謎。

 

 みどころ

様々な大手出展ブースもそうですが、一番の見どころはずばりハリウッドからの豪華来日ゲストとのサイン会&写真撮影会ではないでしょうか。

今回来日するゲストは、アメコミ界の超重鎮であるスタン・リーや映画『アベンジャーズ』でホークアイ役を演じたジェレミー・レナー、『ハリー・ポッター』シリーズでネビル役を演じたマシュー・ルイスなど。やばい豪華。

また会場には映画『バットマン』のバットスーツや、『バック・トュー・ザ・フューチャ―』のデロリアンなど映画で実際に使用されたあれやこれやが展示されるとあってこちらも超楽しみです。

個人的にはドラマ『The Flash 』のスーツが展示されると聞いて物凄くテンションが上がっております。

tokyocomiccon.jp

 

準備してみた事まとめ

各種チケット購入をする 

 東京コミコンは2016には入場する為のチケットが必須、またサインなどのイベントにもそれぞれチケットが必要となります。コミケとは違うんだなあ。

そこで事前購入したチケットをまとめます。

 

◆入場用の前売りチケット◆

まず入場用チケット。前売りの方が当日より安い&スムーズなので事前購入です。

値段は以下の通り。

 

プレビューナイト:2,000円(税込)

一般:1,800円(税込)
中高生:900円(税込)

 

ちなみに当日券だと

プレビューナイト:2,200円(税込)
一般:2,000円(税込)
中高生:1,000円(税込)

どれほどの混雑か予想がつきませんが並ぶ時間はどうしたって勿体ないので、前売りチケットの事前購入がおすすめですね。

 

◆ゲストのサイン、写真撮影チケット◆

私たちにとってのメインイベント、ゲストのサインと写真撮影用のチケットです。

サインか写真撮影か、どのゲストかによっても価格はそれぞれ。

一生一度の経験と思い、エイヤアッ!と購入ボタンを踏みました。

そんなプライスレスな思い切りはそれぞれ以下の通り。

 

<私>

マシュー・ルイス(写真撮影)¥7,500

 <彼>

スタン・リー(サイン)¥14,000

ジェレミー・レナー(写真撮影)¥14,000

ジェレミー・レナー(サイン)¥13,000

 

ワアァー。

すごいね!ワァ!

ディズニーの待ち時間などに「ロバート・ダウニー・Jrとツーショット撮れるとして、いくらまでなら払う?」という時間つぶしを良くしていましたがそんなもしもが試された気がしますね。

ジェレミー・レナーは発売後すぐに売り切れた戦争となったそう。

そして彼の買ったスタン・リーのサインとジェレミー・レナーの写真の時間が被ってしまう事件が発生したため当日は急遽私が巨匠スタン・リーのサインを頂く大役を得てしまいました。お楽しみに…ヒエエ。どうしよう。

次回購入の際は(買い漁る前提で)ダブルブッキングに気をつけましょう。ヒエエ。

 

写真撮影用の服を決める

チケットを購入し、あの憧れのハリウッドスターに出会える事実が叩きつけられたところで最重要事項として上がるのが、「何を着るべきか」!です。

憧れの大スターに会うわけです。彼の尊い御両目に私なんぞの平民の姿が写り込んでしまうわけです。しかもその貴重な一瞬を写真として一生残したいわけです。

こりゃ、どげんかせんといかん。

そんな訳で「一生額に飾れる一枚」をテーマに、後に自分がダサくて目も当てられないという事態にならないように準備をする決意をいたしました。

私がジャパニーズガール代表だ位の気持ちじゃ!!!

 

そこで気をつけたのは、

①相手がどんな人かに合わせる

②並んだ姿を想像する

という点。

私の場合、ネビル役のマシュー氏の隣に立つことを想像。

f:id:rsclmya:20161201021411p:plain やばい男前。

彼は背が高い(183㎝)。私は低い(150㎝)。

私服でいくら着飾っても、ちんちくりんな写真にしかならない気がする…

ここは、あの手しかない。

 

そうですコスプレです。

f:id:rsclmya:20161130215342j:image

グリフィンドール制服を着ることにしました。悩んだ割に誰でも思いつく結果になった。安っぽそうでやだなあと思いつつ時間もないのでネットでポチりました。 

 

 なお、会場でコスプレをしたい場合「コスプレ登録料」(¥500/日)とやらが掛かるそう。

更衣室とクロークが利用可能となるらしいけど、それを使おうが使わまいが登録料が必要みたい…?説明を読んでもよく分からなかったので当日行ってみて追記に残します。

コスプレに関して、注意事項が結構な数あったので詳しくは公式を。

tokyocomiccon.jp

 

美容院で最後の足掻き。

 そのものズバリ。

顔の整形はできないのでせめてもの足掻きで髪型だけでもマシにしてもらってきます。

f:id:rsclmya:20161201032221p:image

やることはやった。

あとは当日奇跡的に、マシュー氏の隣にいて恥ずかしくないような、最もマシな表情で写ることを祈ります。 アーメン。

 

 

サイン用のポスターを購入

写真撮影の準備と共に超重要なのが「サインをどこに書いてもらうか」。

これは私ではなく彼の問題ですが、今回サインをもらうのはスタン・リーとジェレミー・レナーの二人。

公式によると、サインをする物は自分でご用意or物販コーナーにてグッズやポートレートなども販売しているとのこと。

当日物販にどのようなものが用意されてるか不明だし、何より一生に一度。

これだというものにサインしてもらいたい…!

 

 ということで、

①書いてもらう相手が誰か

②部屋に飾ることを想定

③相手に差し出しても嫌な思いをさせないもの

 という点を意識し、色紙かポスターかコミックかと悩みに悩んだ結果。

 

アベンジャーズ』の劇場用非売品ポスターとかいうくそ高い品物を購入し、一つのポスターに二人とものサインを入れてもらうことに決定。(同時に今後生涯かけて出演者を全てコンプリートするという非常にビッグな夢が生まれることになった。)

しかし、このポスターすごくでかい。

当日は厚紙にマステでポスターを貼りそのまま書いてもらえる工夫をし、こういうケースに入れて持ち歩くそうです。

 

 

タケダ アジャスタブルケース 黒 33?0140 1本

タケダ アジャスタブルケース 黒 33?0140 1本

 

 ちなみにペンはブラック、ブルー、シルバー、ゴールド、ブロンズを用意してあるそう。これも決めとかないとその場でパニック起こしそう。

 

出展ブースを確認

コミケもそうですが、基本にして地味に重要なのが会場の見取り図をチェックして出展ブースを確認すること。

会場の見取り図は公式ツイッターにも上がっておりました。

サイン会、撮影会の列を見るだけでドッキドキしちゃいますぞ。

シンゴジラの文字やVRスペース、あと謎に広い「ドローン飛行エリア」が気になります。

あとはコスプレスペースをチェック。

当初初開催だし運営がどうのこうのとか言って、ゲスト以外には割と期待していなかったのですが 、なんだかんだで大手企業の出展も多く普通にすごいことになってますね。

楽しみ!! 

 

プレゼントとファンレターを用意する

事前に公式HPには、『プレゼントは渡すなどの行為はできません。ご希望の方は事前に担当のものにお渡しください。』との注意書きがあり、これは直接渡せないよってだけで、持っていくこと自体はできるのかしら…と悩んでいたのですが。

プレビューに行った方のツイッターを見て、プレゼントは段ボールが用意されていてその中に入れる形式で、持っていっていいということが分かったので、前日1日かけて必死にプレゼントとメッセージカードを探しました。

源くん追っかけ時代に鍛えたとは言え、プレゼント探しはなんて難しいんだ。

無難に消え物が良いなと思いつつ、ハリウッドスターは得体のしれない食べ物は口にしないだろうとか考えて泣きたくなるほど渋谷の街をさまよった結果、アートフェイスマスクにしました。

歌舞伎フェイスパック KABUKI FACE PACK

歌舞伎フェイスパック KABUKI FACE PACK

 

 これね。定番過ぎるけど無難であろう…。

 

f:id:rsclmya:20161207020846j:plain

ジェレミー・レナーには和製ホークアイなこちらのポストカードをチョイス。

 

夜、つたない英語でファンレターをしたためながら、小学生時代オーランド・ブルームに恋をしてファンレターを用意したピュアな気持ちを思い出しました。

彼も「乙女になった気分」と言っていました。笑った。

 

 

当日持っていく物まとめ

ここまで書いてみた上で当日持っていくものをメモ代わりにまとめます。

 

・各種チケット

・写真を入れる保護用の袋

・サイン用の媒体

・サイン保護用の袋など

・コスプレ衣装

・資金(現金)

・ファンレターやプレゼント

 

これがあればとりあえず乗り切れそう…かな。

 

 

**ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上、当日行ってみなきゃ分からない事ばかりではありますが、一応準備は出来てきたのであとは楽しめればと思います…あー緊張する!英会話教室に通っておけばよかった。

 

 

後日レポートはこちら!

rscl.hateblo.jp

rscl.hateblo.jp

rscl.hateblo.jp