東京コミコン2016レポ① 【ブース&コスプレ編】 何時間でもいられる満足感!

 先日12月3日(金)、日本での初開催となる東京コミコンへ行ってきました!

f:id:rsclmya:20161203193048j:image

ちょーーーーーーー楽しかった!!!

一日満喫してみて書きたいことが沢山出来てしまったので、レポを何度かに分けてまとめたいと思います。

 

ということで今回は 東京コミコン2016レポ①【ブース&コスプレ編】です。

 

コミコン関連記事はこちら!

まもなく!東京コミコン2016に向け準備したことまとめ - 毒にも薬にもならないブログ

東京コミコン2016レポ② 【サイン&写真撮影編】それは少年少女に戻れる時間だった! - 毒にも薬にもならないブログ

東京コミコン2016レポ【番外編】 サイン用ポスターの持ち運び方の研究 - 毒にも薬にもならないブログ


 

 幕張メッセに世界中のポップカルチャーが集合!

およそ100社が出展する今回の東京コミコン。

参加してみて感じたのは、まさに体験することのおもしろさ…!

その場にいるだけで気持ちが高揚する感じ!

イベントという言葉に乗っただけでないような、コミック、映画、ゲームのまじのオタクが集まった空間、そんな印象を受けました。

 

見よ、このブースのひしめき感!人の入り感!

f:id:rsclmya:20161203193123j:image

入場客の5分の1くらいが外国の方だったのでコスプレが様になる事この上なかったです。

人のコスプレをこんなに素直な気持ちで楽しめたのは始めてであった。

そんな中、一応報告しておくと私の格好はこんなでした!

f:id:rsclmya:20161203193057j:image

マシュー氏に会うために直前で購入したマントに家にあるものをかき集めた結果。

自分の想像以上に自分がちんちくりんすぎて、意図せず1年生のコスプレになってしまったのが残念の極み。

でもこの世には心優しい方が沢山いらっしゃって、ブースや写真撮影列でなど、「似合ってる!」というお世辞を頂き恥ずかしながら頬を赤らめてしまいました。ホホホ。

声をかけてもらう喜びを知ってしまった25の冬。

 

 映画の小道具展示ブース

今回の東京コミコンでの大きな目玉である、有名映画の小道具展示。 

これだけでも入場する価値ありそう。

そのいくつかを紹介します~!

 

デロリアン/バック・トュ―・ザ・フューチャ―】

会場に入った人が一番に目にするのが、このデロリアン

車内のタイムサーキットが光っていたり、マーティの自動靴ひもスニーカー「Nike Mag」が乗っていたり。

f:id:rsclmya:20161203193045j:image

 

 

 【バットマンスーツ/ダークナイト ライジング】

クリスチャン・ベールが実際に着用したスーツ。

展示ケース含めイケてました。

f:id:rsclmya:20161205012816j:image

少年がガラスに張り付くように眺めててこれぞヒーローという感じ。

 

ターミネーター T-800/ターミネーター

こちらも撮影で実際に使用されたもの。しかも現存する唯一のエンドスケルトンだそう。

良くみると汚れや傷などのダメージが付いてて、何だかぞくっとしました。

f:id:rsclmya:20161207015051j:image

 

個性ぞろい!企業ブースも面白い!

『ワーナーブラザーズ』ブース

『The flash』のスーツがあると聞いて、一番楽しみにしていた企業ブース。

『スーサイドスクワッド』やDCドラマシリーズの予告編が巨大モニターに映し出されていたりと、数あるブースの中でもかなり目立っていました。

 

お目当てのフラッシュスーツがこちら!!

f:id:rsclmya:20161203193109j:image

ヤホ――――――――イ!!!!!

これを実際にガストンくんが着たのかと思うと舐めまわしたい程尊いですね。

靴部分がゴールドでキラキラしているのには気づかなかったので驚きました。シスコのセンスなのかあ。

展示方法が、ガストンに似せたマネキンに着せていたのですが、ドラマにあるようなスーツケースに入れてほしかったなあとそこだけ残念。

 

またこのブースでお姉さんが配っている紙袋も中々かっこよくて良かったです。

f:id:rsclmya:20161203193105j:image

しかも中にはDCドラマ5作品の第1話が収録されたDVD付きとかいう大判振舞!

f:id:rsclmya:20161205040047j:image

まだ観れていない『レジェンド・オブ・トュモロー』『スーパーガール』が楽しみです。得した気分。

DCといえば、『ALLOW』のロイのコスプレをした外国の方も!

 f:id:rsclmya:20161203193101j:image

オリバーコスは見かけなかったなあ。

 

 

TBSブース

逃げるは恥だが役に立つ』のパネルがあったので記念に。

f:id:rsclmya:20161203193043j:image

 まさかコミコンで源くんを見かけるとは思わなんだ。

 

スター・ウォーズ』エリア

スター・ウォーズはいくつかのブースが連なる形で大きくエリアが取られていました。

まず目に入ったのが、こちら。 

f:id:rsclmya:20161205012841j:image

BB8の体験コーナー。係りのお姉さんに誘われスルスル参加。

f:id:rsclmya:20161205012846j:image

このBB8(ミニマル)を、右のバングルを手に着けて操作するのです。

絶対楽しいぞ!

f:id:rsclmya:20161205012801j:image

手を突き出すとBB8が全身、掌を返すとこちらへ戻ってくるのですが、そのBB8の動きが可愛すぎて可愛すぎてヒ―ヒ―言ってしまいました。

f:id:rsclmya:20161205012807j:image

自由自在にBB8を操ったなんて未来人の気分ぞ。

 

体験を終えて横を観るとまたびっくり。

チューイ!

動いてる!!チューイ!!

f:id:rsclmya:20161205012851j:image

柵に手をかける姿が超イケてました。

f:id:rsclmya:20161222230242j:image

 こいつあテンションあがりました。でかすぎ!!

トトロか香取慎吾にハグされたい(でかいから)という夢が思わぬ形で叶った。

幸せです。

f:id:rsclmya:20161203193051j:image

トームトルーパーの皆さまにも一緒に撮ってもらいました。

ここらへんで写真を頼むことに抵抗が無くなる私。

 

お昼は伊豆のサバタコス

f:id:rsclmya:20161205012828j:image

フードエリアは、松山市三津浜焼きや香川のうどんなど、日本各地からご当地料理が集められた形になっていました。さすが「東京」コミコン。

これが意外と楽しかった。

私は一際シャレオツオーラを醸し出していた伊豆のサバタコスというものを食べました。

おいひい!

プチ情報ですが売り子のお姉さんが着けていたサバ形のピアスは手作りだそうです。

 

 

 物販『CARTA SCOPIO』で掘り出し物ゲット!

 物販ブースでいうとDVDが安値で変えるツタヤブースだったり、ハリポタグッズブースだったり、映画Tシャツを販売しているブースだったり、大企業のブースから思わず足を止めてしまうような個人ブースなど、それぞれ個性が強くて見ているだけで楽しいいものになっています。

 

思わず長時間足を止めてしまったのがこの『CARTA SCOPIO』さん。

海外ドラマのトレーディングカードや映画のフィルムが、懐かしいものから新しいものまでズラッと並んで吸い込まれる吸い込まれる…!

f:id:rsclmya:20161205012834j:image

『The Flash』や『ALLOW』、『WALKING DEAD』のトレカ。

彼は『The Flash』を1パック購入。1パック¥800という中々の強気価格

これを集めている人はすごいなあ。

f:id:rsclmya:20161205012823j:image

世代ドンピシャの『High School Musical』のトレカもあった。

トレカって…なんだ。

 

選ぶのに時間がかかったのが実際に放映に使用された映画フィルムしおり。

f:id:rsclmya:20161207014918j:image

かなり時間かけて悩んだ結果、ベスト1を購入いたしました。

『死の秘宝part1』のラストですね。

¥2900のスカートも悩んで買わない私、¥1120円を即決。もう完全にお財布のヒモ緩みまくりです。

「コミコン楽しいなあ!楽しいなあ!」を連呼しまくってました。

 

コスプレ受付&クロークについて!

最後にコスプレ登録チケットについてちょろっと書きます。

まず、コスプレする際には「コスプレ登録チケット」を¥500で購入する必要があります。

「コスプレ登録チケット」を購入すると、以下の2つが使用可能になります。

・コスプレ更衣室

 男女分かれている、多目的スペースみたいな着替えスペースでした。仕切りはなし。皆さん座り込んで用意をしていたぞ。

・クローク

 番号と引き換えに荷物を預かってくれるシステム。コスプレをして歩きまわる際に荷物はとにかく余計なのでありがたかったです。

 

私は今回時間的に最初がサインと撮影で入場よりもそちらの列に並ばなければならなかったので、ハリポタの制服を着て上にコートを羽織って入場してて、マントをはおってしまえば更衣室が必要無かったのですが、クロークを使用したくてチケットを購入しにいきました。

結果、既にコスプレをしているくせに登録チケットを購入しようとする私に受付のお姉さんが鋭い眼を向けてきたので、私服に着てきたから~と姑息なまねはせずちゃんと登録すべきだと学びました。ごめんなさい。

 

東京コミコン2016まとめ!

今回、日本での第1回目ということもあり、世間で運営がどうとか言われるなか、私自身「どんな雰囲気なんだろう」と若干の不安感も持ちつつの参加だったのですが、まーーーあ楽しかったです。

参加者自身が全員オタクというか、本当にコミック・映画・ゲームの好きな人しか来てない感じに、その場にいるだけで凄くワクワクする感じ。

カルチャーイベントといえばそれまでコミケをイメージしていた私でしたが、購入をメインとしがちなコミケと違って、その場を体感・体験することの興奮を感じました。

結果会場を何周もグルグルし、帰るのも名残惜しいくらいの気持ちでした。

 

来年もまた開催してくれると嬉しいなあ。

それまでに痩せてキャットウーマンのコスプレが出来るように仕上げて行きたい。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 レポ②はこちら!

rscl.hateblo.jp