毒にも薬にもならないブログ 

サブカル大好き20代半ば女子が運営する猛烈雑食な雑記ブログです 映画・舞台・音楽・星野源

超フォトジェニック!チームラジャングル&学ぶ未来の遊園地に行ったよ!

夏だ!元気だ!

プニ子です!

 

何かとはしゃぎたくなる季節、夏。

何かとキラキラしたものが見たくなる季節、多分夏!

そんな訳で先日、友人と行ってまいりました。

 

「チームラジャングル&学ぶ未来の遊園地」!

 

写真もちょこちょこ撮ってきたので、会場の様子と実際に参加して感じたことを書いていきますー!

 

「チームラジャングル&学ぶ未来の遊園地」とは

渋谷ヒカリエで開催中のチームラボ主催イベントです。

特徴としては「参加没入型」の「ミュージックフェスティバル」ということ。

全体としては、世界中で累計500万人を動員しているという「学ぶ未来の遊園地」エリアと「チームラボジャングル」エリアが一緒に楽しめるつくりになっています。

さらに「チームラボジャングル」は子供が楽しめる「Kids Noon」と大人用の「Art Night」に分かれた仕様

 

もうすっかり大人な私たちは大人なので夜の「Art Night」に行ったよ!

内容は60分の光のショー?ということ…

料金は当日3400円と一瞬ちょっとビビる価格。

自ずと上がるハードル…!

www.teamlab.art

HPの内容からして猛烈インスタ映えな感じだったのでインスタやってないけど一応ちゃんとカメラを持って行きました。

 

 

いざ!フォトジェニックワールドへ!

学ぶ!未来の遊園地編〜

会場に入るとまず「学ぶ!未来の遊園地」エリアがババンと登場。

f:id:rsclmya:20170827025517j:image

ちなみにこの奥エリアにある「チームラボジャングル」は時間入れ替え制なので指定した時間にしかはいれないのですが、「未来の遊園地」は入れ替えじゃないので、指定時間までの時間調整としても使えるよ!

 

触ると動物が動き出す壁だったりにキャーキャー言いながら進むと

 

出てきました。

光の滑り台!キャアア〜

乃木坂46バイトルのCMでも滑ってるやつです。

早速滑りました。

f:id:rsclmya:20170827025856j:image

感想:想像以上に怖かった。

十数年振りの滑り台。こんなので遊びまくってた子供ってすごいね。

 

さらには自分の塗った絵が動くというコーナーもありました!

クレヨンで楽しそうに色を塗っていく結構な数の大人たち。

とってもいい光景で思わずニッコリ。

塗り絵は蝶やワニ、カエルなどの絵から好きなものから選べます。

 

私は一番女子力がありそうな蝶々をチョイス!

気持ちの赴くままに塗り塗りしました。

f:id:rsclmya:20170827025631j:image

恥ずかしくはないのだ!

 

一生懸命塗り塗りしたら、作品をスタッフさんにスキャンしてもらいます。

するとどうでしょう、会場に自分の絵が登場するのです…!

f:id:rsclmya:20170827025131j:plain

しかし神隠しにあったのか、私のアライタイグマは発見ならず。

日本アニメーションの強力なパワーにより宇宙空間へ飛ばされてしまったのだろうか…

 

でも自分の作品を探している姿だけでも物凄く絵になります。

f:id:rsclmya:20170827025109j:plain

自分のワニを撮影している友人の後ろ姿。

めっちゃ綺麗!!

 

「Art Night」へ!

19時近くになると「Art Night」のための別会場へ通されます。

体育館くらいの広さの薄暗い空間に、大人たちが詰め込まれ棒立ち。

ギリギリまで遊園地で遊んでいた私たちは自然とかなり後方ポジションになりました。

内容は60分のショーみたいなものらしいという情報だけしか仕入れてなかったので、

ザワザワ、ワクワクした気持ちで待つ私たち。

と、会場のドアが閉まり、真っ暗になり、怒涛の光パフォーマンスがスタートしました…!

 

壁一面の灯体がガンガンの音楽に合わせて炸裂ムーブ!

f:id:rsclmya:20170827025155j:plain

異様な雰囲気に棒立ち続ける大人たち!

前後左右関係なく光が降り注ぎ、まさに「参加没入型」な空間。

異世界に迷い込んでしまった感がすごい!

 

f:id:rsclmya:20170827025209j:plain

さらに動く!動く!

声を上げ出す大人たち!

 

色がカラフルに変わり盛り上がる会場!

f:id:rsclmya:20170827025411j:plain

落ちてくる星や、光の線を触ると音がなるという参加システムです。

しかしなんとも残念なことに、身長150未満の我々ホビット族二人は一度も光の線に触れることが出来ませんでした。

作成側もそんな大人がくるとは想定外だったのでしょう。残念!

 

なんか超色々出てくる!

会場がイベントを理解し始めなんとなく盛り上がってきたところで、

奥から大きな光のボールが登場!

f:id:rsclmya:20170827025232j:plain

運動会の大玉ころがしの要領で、みんながボールをポーンと上げて、落ちて、上げての繰り返し!

 

と思ったらどんどん出てくる!

ボールに次ぐボール!ボール!ボール!

f:id:rsclmya:20170827025245j:plain

1個目のボールを触れず若干の疎外感を抱いていたのもつかの間。

あっという間に会場はボールまみれに!

f:id:rsclmya:20170828000728j:image

超絶フォトッジェニック!!

 

と思ったらミラーボール神輿が登場!

f:id:rsclmya:20170828202857j:image

 

と思ったら音がなるトランポリン登場!

f:id:rsclmya:20170827025914j:image

怒涛の物量攻撃!

もうとにかくカオスでした。

 

最後はライブラストみたいな感動がありました。

f:id:rsclmya:20170827025352j:plain

思わずまじもんの「きゃあ〜〜」が出てしまった。

 

まとめ

フォトジェニックにもほどがある。

 

物凄く非現実的な空間に大満足…!

でも、純粋に「楽しい!」「騒げる!」という訳でもないなーとも思ったので、いくつか感じたことを書いてみます。

 

・あくまでアートイベントである

当たり前なんですが、ここまでミュージックでフォトジェニックとはいえパリピ臭は薄め。

特に前半は殆どの人が「はへ〜」「きれ〜」と光を眺め空間に圧倒されてしまうので割と静かです。

(後半は結構声が上がって盛り上がる)

友人とワイワイ騒ぎに行ける場所として期待し参加した人には物足りないのかなと。

その回の参加者の雰囲気にもよるのかもしれないのですが、実際私たちの前にいた男子高校生らしきイケイケ三人組は戸惑ったのちに「飽きてきたね」と冗談を言い合い少し浮くという状態になっておりました。

 

・60分間、暗所・密室

不安になる人は不安になるかも

 

 

・身長が低いと届かない

前述しましたが私と友人は身長150未満のホビット族。

あと少し…!というところで光の線だったり落ちてくるボールだったりに触れないことが多くて少ししょんぼりしました。

牛乳飲んでリベンジだ!!

 

 ++++++++++++++++++++++++++++++++

想像してたよりはしゃげなかったなーと思いつつ、でも本来パリピな場所が苦手な私には無理のない楽しみ方ができた気がします…!

何よりあんなに灯体に囲まれ光を浴びる経験なんて初めて。

異世界に迷い込んでしまった感がとんでもなくて気分最高でした。

 

 

 

9月10日まで開催しているので、夏の思い出にぜひ〜!

 

 

チームラボって、何者? [DVD付]

チームラボって、何者? [DVD付]